昭和21年4月
財団法人新栄会小倉支部として発足
昭和21年11月
財団法人新栄会小倉病院として開設(一般23床)
昭和23年8月
財団法人友好社として新栄会から独立(知事認可)
昭和24年12月
財団法人友好社新栄病院に病院名変更
昭和27年5月
社会福祉法人友好社に組織変更(社会福祉事業法施行。厚生大臣認可)病院は、第二種社会福祉事業“生活困難者のための無料又は低額な料金で診療を行う事業”を開始
昭和28年4月
病棟を増築し、病床を50床(一般30床、結核20床)
昭和39年2月
病院本館増改築工事竣工 病床156床(一般106床、結核50床)
昭和40年10月
社会福祉法人小倉新栄会と改称
昭和50年5月
病院本館増改築工事竣工 病床184床(一般139床、結核45床)
昭和53年6月
結核病棟廃止
平成7年8月
貸駐車場業(収益事業)開始
平成9年12月
病院全面新築工事竣工(病床165床)「社会福祉法人 小倉新栄会 新栄会病院」と病院名を変更
平成10年10月
病院の全病棟を「長期療養型病床群」に変更
平成12年4月
病院の54床(3階病棟)を医療保険適用、111床(4・5階病棟)を介護保険適用にすることを決定(病床165床)
在宅支援センター「なごみの里」開設(居宅介護支援事業)
平成12年5月
在宅支援センター「なごみの里」にデイケアを開設
平成15年4月
病院が(財)日本医療機能評価機構認定病院の認定を受ける
「なごみの里」のデイケアをデイサービス事業に変更
平成15年8月
ケアハウス事業を開始(社会福祉法人みやび会を吸収合併し、「ケアハウス小倉」を引き継ぐ)
平成20年4月
新栄ひまわり保育園開設
平成20年10月
病院の4階病棟51床を医療保険適用に変更
平成24年4月
新栄はやとも保育園開設
平成26年2月
しんえいデイサービス施設建替
平成27年1月
新栄たてまち保育園開設
平成27年4月
特別養護老人ホーム「新栄きよみずの杜」開設